雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

2018-04-04から1日間の記事一覧

いつか自分が死ぬ時に憤死だけはしたくない

「願わくば花の下にて春死なんその如月の望月の頃」 平安時代から鎌倉時代に歌人や僧として活躍した西行の言葉です。 出来れば桜が咲いている下で死にたい、というような意味です。 お釈迦様が亡くなった時期でもあり、同じ時期にという思いもあるようです。…