雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『フランス座』ビートたけし 文藝春秋

f:id:kazuyoshisan:20190114210347j:image

ビートたけしが浅草のフランス座で、芸人として修行をして足掻きながら生きていくお話です。

数十年前の浅草の様子が見て取れます。

 

著者は、芸能人のビートたけしです。

説明の必要が無いくらいの有名人ですが、もともとツービートというコンビで漫才をしていた事は、ある年齢より下の人はご存知無いかも知れません。

 

主人公は、大学生になって家を出て一人暮らしをしています。

世間では学生運動が繰り広げられていますが、それに深く参加していく分けではなく、喫茶などで過ごします。

あまり学校には通わなくなって行きます。

そして浅草のフランス座にたどり着きます。

なんとなくエレベーターボーイとして働き始め、そのうちにコントの舞台に出るようになります。

そうなると、もはや一人の浅草芸人です。

引き上げてくれたのは、深見千三郎の師匠です。

もともとは芸人になろうとすら思わずに、浅草に流れついた主人公ですが、師匠について立派な芸人を目指して努力をし始めます。

様々な芸人が売れてテレビに出たいと、コンビを組んだり、必死に足掻いている姿も描かれています。

 

以前『浅草キッド』という、同様の題材で同じ著者の著作を読んだことがあります。

好きな人は、こちらも合わせて読んでみることをおすすめします。

 

 

フランス座

フランス座

 

 

 

フランス座 (文春e-book)

フランス座 (文春e-book)

 

 

 

浅草キッド(新潮文庫)

浅草キッド(新潮文庫)

 

 

 

浅草キッド (新潮文庫)

浅草キッド (新潮文庫)