雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『ビブリオバトルハンドブック』

f:id:kazuyoshisan:20190317133731j:image

自身の選んだ本を皆さんの前でプレゼンする、ビブリオバトル

それを詳しく解説してくれているのが本書です。

 

それぞれの持ち時間は5分間。

これはオーバーしても余らせてもいけません。

まれに、少年少女向けに3分間で開催される場合もあります。

 

そして、質疑応答の時間があります。

この時に重要なのは、それぞれが善意のもとにやり取りするという点です。

決して困らせたり、欠点を炙り出すような意図で質問をしてはいけません。

 

参加者がみんな発表を終えたら、投票をします。

この時に気をつけるのは、純粋に読みたくなった本を選ぶ、というところです。

プレゼンの上手かった人に、ではなく本自体を選ぶのがポイントです。

 

この本が出された頃から、ある程度の年数が経っています。

今では、あちこちでビブリオバトルを見られるようになってきています。

参加や見学を考えている方には、とても参考になるはずです。