雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『恋愛芸術家』岡本敏子

 

恋愛芸術家

恋愛芸術家

 

 

芸術家である岡本太郎の仕事を手伝っていた著者。

ある程度年齢が離れているためか、戸籍上は養女という関係です。

実際の具体的な関係には言及してはいませんが、恋愛関係にあったようにも取れる箇所があります。

 

本書は、著者の考えと岡本太郎の考え方や言動をもとにして、書かれています。

執筆した時点で、岡本太郎は故人となっていて、岡本敏子もかなりの高齢になっています。

 

全編を通して、著者の人や優しさや恋愛に対しての讃歌が溢れています。

小さい男の子でも、それは存在すると著者は言っています。

また、岡本太郎への尊敬や好意も、とても好ましく書かれています。

偉大な芸術家であると同時に、優しさや愛情に溢れていて素晴らしい人だったことが、著者を通してとてもよく感じられます。

 

本書は著者による、岡本太郎と読者へのラブレターなのかも知れません。

 

 

いま、生きる力 (青春文庫)

いま、生きる力 (青春文庫)