雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『今こそ、韓国に謝ろう そしてさらばと言おう』百田尚樹

f:id:kazuyoshisan:20190506173707j:image

作家として、様々なジャンルで優れた作品を多く書いている、百田尚樹の著書です。

 

1900年代の一時期、日本と韓国は同じ国でした。

その時に、日本の父祖が韓国民に対して行った数々の行為が、結局は仇となって現在に至っています。

謝るというと悪いことをしたように感じるかも知れませんが、そうではありません。

当時の日本人が、良かれと思い行ったことが、韓国民にとっては余計なお世話だったのです。

つまり、本書の主張である韓国に謝るべき行為は、余計なお世話をしてごめん!というものです。

 

日本が韓国を併合した当時、韓国の識字率は物凄く低かったそうです。

つまり、最低限のちゃんとした教育を受けられていない人が、とても多かったのです。

そこで、学校をいくつも作り多くの人が通えるようにします。

そして文字を教えます。

そもそも韓国には、話し言葉はあるけど書き言葉も普及していませんでした。

そこで、ハングル文字を普及させます。

これらには巨額の費用がかかりました。そこに、韓国の地域を良くしようという、当時の日本人の気持ちが、見て取れます。

 

また、当時はひどい身分制度がありました。

数パーセントの支配階級が、大多数の韓国人を奴隷のようにないし奴隷として扱っていました。

日本人は、この制度をやめさせました。

 

以前韓国では、糞尿を使う民間療法が広く信じられていました。

これも日本人はやめた方が良い、としました。

 

他にも様々な、良かれと思いやったけど、韓国人からは余計なお世話、ということがたくさんあったようです。

そして、慰安婦などのありもしない事件をあった事件として、妄信してしまいいつまでもからまれています。

本書を信用するなならば、韓国とは縁を切って、二度と関わらない方が良いように思えて来ます。

でも、本当にこんな民族がいて、それがすぐ隣の国なのだとしたら…。

恐怖です。