雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『図書館の神様』瀬尾まいこ

f:id:kazuyoshisan:20190521082820j:image

『そして、バトンは渡された』の著者である、瀬尾まいこさんの著書。

本書は2003年に発行されたデビュー2作目の作品です。

 

主人公は学生時代にバレーボールに打ち込んでいた女性です。

のめり込む性格で、かなりストイックに自分に対しても他の部員対しても、要求します。

そのことからある事件が起き、すっかりバレーボールから遠ざかることになります。

 

そして高校の講師になった主人公は、なぜかバレーボール部の顧問ではなく、文芸部の顧問になります。

 1人しかいない文芸部員の男の子は、以前までサッカー部で活躍していました。

主人公から見ると、文芸部でくすぶっているのがもったいなく思います。

 

全編を通して、穏やかで理性的な登場人物が度々出てきます。

主人公が過去のそして現在の自分から、成長していく様がとてもすがすがしく描かれています。

まだ読んでいないのですが、新作も読んでみたくなりました。