雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『世界最強 記憶術場所法』平田直也

f:id:kazuyoshisan:20190608200445j:image

記憶力を争うという競技があります。

ランダムに出てくる単語を記憶したり、全くの著名人では無い人の顔写真と名前を覚えたり、というものです。

この作品の著者は、この競技を始めてわずか数年で優勝したという経歴を持ちます。

 

数十もの単語の単語を覚えるには、やはりそれなりの方法があります。

まずは、ストーリー法です。

ランドセル、教授、おでん、サッカーを覚えてみましょう。

ランドセルが置いてあります。

それを教授が背負います。

ランドセルを開けると、中におでんが入っています。

教授はそれを食べながら、サッカー観戦をします。

このように、何も関係ない単語同士ですが、ストーリーを作ってしまうという方法です。

桃太郎や浦島太郎のストーリーをみんなが覚えているのと、同じです。

 

次はプレイス法です。

これは、準備が必要な方法です。

自分の中でプレイスを作ります。

門、庭、玄関、リビング、ダイニングのような感じです。

ここに覚えたい物を置いていきます。

門にランドセルがかけてあり、庭に教授がいて、玄関を開けたらどどんとおでんが置いてあり、リビングではサッカーの試合が繰り広げられています。

 

それぞれのコツは、突拍子もない想像をして、つよく印象づけることです。

リビングでサッカー、蛇口から魚が大量に出る、などです。

 

応用で英単語を覚えることも可能です。

何事もやり方により、素晴らしい成果を得られるということのようです。