愛すべき本たちの備忘録。たまにかたい本も。

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『北海道悪徳刑事の告白 恥さらし』稲葉圭昭

f:id:kazuyoshisan:20240611170328j:image

悪徳刑事。

小説の中には良く出てきますけど、現実にもいるのですね。

いや、現実にいるから小説になるのか。

本書は、暴力団や警察の上層部や外国籍の犯罪者まで関わる、実在の刑事による自らの告発記です。

警察という、恐らく特殊な組織の中で、やむに止まれず行った部分は確かにある、とも思います。

しかし。

やらないことも、止めることも、間違いなく出来たはずです。

 

きっと著者は立ち直る事が出来るはず。

そう信じたいです。