愛すべき本たちの備忘録。たまにかたい本も。

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

空白の記憶

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」

 

わたしは府中刑務所の独房にいます。

捕まってから今日に至るまで、あの日を考えないことはありませんでした。

何をしているときでも頭の片隅には違和感を伴ってそれがあって、霧か雲のように靄がかかって湿っています。

ふとした時にそれが大きくなって思考の全てを占めた途端に、頭を抱えたり、声にならない声が出たり、叫んだり、床に頭を打ちつけたりしてしまいます。

記憶に全く残っていないけど、何度も何度も思い返すうちに、いつしかありありと動画を頭の中で再生できるようになった、あの日。

 

数年前から、酔って記憶を無くすことが度々起きていました。

夜中にトイレに行ってそのまま便座に突っ伏して寝ていたり、ニ階の寝室で寝たはずが一階の玄関で目覚めたり、スマホの画面が割れていたり、友人を怒らせたり。

この一時的記憶喪失を『ブラックアウト』と呼ぶのだと知ったのは、わたしが妻を殺害した事件の公判をしている時でした。

アルコール依存者が深酒をした時の記憶が無くなっているのを、そう言うのだそうです。

 

血塗れになった妻が倒れています。

全身に裂け目や穴が空いていて、ズタズタでボロボロです。

「いったいどうしたんだろう?」

そう思った自分は右手に包丁を握っていて、肩で息をしています。

ついさっきまで猛烈に腹が立っていたのだけど、それがどうしてだったのかは、最早覚えていません。

息が整ってくるのと入れ替わるように、全身から汗が吹き出してきます。それは妙にベタっとしていて冷たかった。

それがその日わたしが最初に持っている、実際の記憶です。

 

「あなた最近疲れているんじゃない?」

「飲み過ぎることが多いみたいよ」

「しばらく飲むのを減らしたら?」

妻にそう言われる度に、やり切れない気分になっていました。

「うるさいな、わかってるよ」

そう言って睡眠や家の外に逃げていました。

何もわかっていなかったのに。

 

毎日毎時間あの日のことを考えるうちに、いつしかそれは鮮血の飛び散る赤い映像と、ズクッ、ズクッという音と、鉄分と失禁の臭いと、さらには包丁の刃が肉にめり込む感触まで、ついさっきの出来事のように再現されるようになりました。

あれから7年間。

無かったはずの記憶が、片時も頭を離れない終生忘れられない記憶になりました。

『道元 正法眼蔵を読む』角田泰隆

f:id:kazuyoshisan:20210705133657j:image

歴史の授業で曹洞宗の開祖は道元である、と習ったことを覚えているでしょうか?

ある大学教授は道元の著者である正法眼蔵を、お前ら学生にわかってたまるか、と言いました。

心の中で、俺にもわからないのに、という言葉を抱えながら。

 

道元は自ら宗派を決めて名乗る事はしなかった

 

正法眼蔵を著すことにより、訪れていない地域の人や、未来の人たちをも救おうとした

 

言語で伝えられないものを言語で伝えようとした

 

言語では言い尽くせない大切な教えはある

 

正しい教え=正法眼蔵

 

現実を生きる

→あらゆることを正しく捉え、正しく行う

 

多様性を認めつつ、自ら信じる道を生きる

 

それぞれの場所で、それぞれの現実を真剣に生きるしかない

 

常に(今)、(ここ)、その他に私は存在しない

 

すべての生物は同じ空間、同じ時にある

 

時間には隙間がない、すべては連なり1つで存在している

 

私、生きる、時間、世界は皆1つのこと

 

仏教は物事を分けて考えることを嫌う

 

人は自分の能力(感覚)の及ぶ範囲ですべてを認識している

→ただしわかっていないだけでそれは存在する

 

すべての苦しみは心にある

→コントロールするのが大事

 

人の数だけ別の世界がある

 

心が汚れていたら世界も汚れる

→生き方で世界はどのようにでも変わる

 

自分の思いが正しいわけではない

 

愚直であれ

 

飛蚊症の人にとってはそれは現実

 

行為はただそれだけを行う

 

宗教家というより、哲学者の言っていることのようにも感じられます。

凄い人っていますよね。

 

 

『トットちゃんとトットちゃんたち』黒柳徹子

f:id:kazuyoshisan:20210705133441j:image

徹子の部屋の主、『窓際のトットちゃん』などの著者である黒柳徹子氏。

ユニセフの親善大使としても活躍しています。

本書はその活動を紹介するものです。

 

子供は家族が殺されたら、自分が悪い子だからだと考える

 

大人が死ぬ時(痛い)、(苦しい)と訴える。子供は黙って死んでいく

 

栄養失調で泣く力さえない子供たちがいる

栄養がなくて脳が発達できない子供もいる

 

治る見込みのある人から治療、見込みがなければ床に寝かすしか出来ない

 

午後7時から午後9時半までの夜間小学校がある

 

平和になったら何がしたい?

勉強がしたい

 

大きくなったら何になりたい?

生きていたい

 

物乞いがしやすいように、親から手足を切られる子供がいる

 

ピンポイント爆撃で発電所を破壊する

→電気が使えなくなる

→下水や上水が使えなくなる

 

この国のこの状況で生まれてきたと言うだけで、赤ちゃんのうちに死ななければならない

 

水、食べ物、薬よりも優しさや愛情が必要な子もいる

 

収入の半分が水代に消える

 

子供には敵も味方もない

 

子供を兵隊にしてはいけないと言う条約がある→守られていない

 

エイズになっても何年かは生きていける

私たちは明日食べるものが無い

 

大人の涙や愛情が子供には必要

 

戦争が続くと(健忘症)の子供が増える

 

アイスクリームコーン型地雷

ぬいぐるみに仕掛けた爆弾

これらは子供を狙った攻撃

 

ひどい状況の国の子供は、1人も自殺しない

 

私は絶望しません

 

地獄のような状況が、世界にはあります。

では今の日本は恵まれていると単純に言って良いのかというと、多くの自殺する子どもたちを見たら、それは疑問です。

それでも絶望しない、と著者は言います。

それぞれが出来ることをする。

それしか無いのですよね。

絶望している場合では無いのです。

『発達障害の僕が輝ける場所を見つけられた理由』栗原類

モデルやタレントとして活躍する著者。

小さい頃に発達障害と診断され、それと上手く付き合いながら生きてきました。

 

発達障害:知覚 (聴覚)過敏が多い、自分にとって嫌な音に耐えられない

物の場所等が変わると嫌

触れると嫌なものも嫌、粘土など

 

小さい頃から21歳現在までの記憶があまりない

 

自分が周囲から笑われる存在だと知ったとき、とても大きなショックを受けた

 

努力した先のビジョンを浮かべられない

→チャレンジや頑張ることが苦手

 

脳にクセがある

→弱点を知る

→気長に訓練する

 

自分にできないことを恥ずかしがらず周りに相談する

 

発達障害者に接するコツ

1、あっさり、はっきり

2、ゆっくり

3、穏やか

 

今は発達障害の人を診断できる事が増えてきています。

そのため、昔は変な人と切り捨てられていたかも知れない人が、ちゃんとしたケアを受けられるようになっています。

周りの人は、優しくなれるような気がします。

『荒れ野にたつイエス』前島誠

f:id:kazuyoshisan:20210705084408j:image

エスとは何者か?

一般的な日本人には、それほど馴染みも無ければ興味も無いお話でしょう。

しかしそれを知っておくと、様々な文化を知る手掛かりになるはずです。

 

エスヘブライ人。聞き手も記録者も。

ユダヤの言語だと留意して聖書を読む必要がある。さらにはユダヤの自然に立って考えてみる

 

すべては神の所有物、自分のものはない

 

悪いことが起きたら自分が責任を引き受ける

あなた方は地の塩、世の光

 

ユダヤ教3つの柱

1、他者のため=施し

2、神のため=祈り

3、自分のため= 断食(絶水)

 

誓うな、弁解するな

 

私は有って有るもの(訳文)

私は有るであろう、私が有るであろうように(直訳)

 

み国: 人々が互いに許し合う世界の実現

 

繰り返し見るがよい。しかし、わかった気になるな

 

人の目をつぶしたら、自分の目を与えよ

 

イスラエル:神から選ばれた民という宗教的ニュアンス

ユダヤ:全民族の名前

ヘブライ:他民族から呼ばれていた呼称

 

人を裁くな

 

頭を柔らかくするには

1、質問する

2、年齢や肩書きを気にしない

3、自分と他人を比べない

 

真理と思うものは間違っているかもしれないと考える

 

真理は両サイドにあり、中間にもある

 

エスの言葉はヘブライ人がヘブライ人に向かって話したものです。

その時代にその土地でその社会で。

そうして読んで、まずは真意を知ること。

それが出来てから、初めて自分たちに生かすことが可能になるのでしょうね。

『国語ゼミ』佐藤優

f:id:kazuyoshisan:20210713154646j:image

AI時代を生き抜くには、国語力が必要だと著者は述べます。

本書は、著者の考える国語力を伸ばすための集中講義です。

 

Siriにはまずいとおいしいの違いがわからない

さらに〜以外の、もわからない

 

読む力を土台にして、国語力が身につく

国語力=問題を発見して能動的に思考する力

 

黙読でわからない場合、音読をして録音する

それを聞きながらを黙読すると理解しやすい

 

要約: 文筆から要点を抽出してまとめること

敷衍:文章を自らの言葉で説明すること

 

読む力を身に付けるには具体的な人からの影響が重要

 

(労働力の商品化)が資本主義の論理に決定的な意味を持つ

 

賃金は(働きぶり)ではなく(労働力商品の対価)として支払われる

 

AIは計算機、数式にできない事は計算できない

 

学びたいと思う人には自ら近づいていく

→努力自体に喜びを見いだせる

 

民族意識は、自分たちが同じ民族だと言うイメージをみんなが共有することで成り立つもの

 

物事を判断する場合

事実 → 認識 → 評価

この流れを意識する

 

自分の能力を他者のために使うのがゴール

 

頭を使い続けるのは必要です。

それもどのように使うのかも、重要です。

賢くなって人の役に立ちたいものですね。

 

 

『世界倒産図鑑』荒木博行

f:id:kazuyoshisan:20210705083956j:image

世界の様々な有名企業が、倒産の憂き目に合っています。

本書はそれぞれの原因や経緯を紹介して、さらに教訓を載せてくれています。

 

完全に原因がわかっていれば、通常は回避出来そうな気がします。

それでも動かなかったり、変な安心感を持っていたりして、どの企業も必然的に倒産したように見えます。

しかし、分析はあくまで分析で、本当はもっと様々な要因があるはずですよね。

それでも各ケースから学べることは、とても多いはずです。