愛すべき本たちの備忘録。たまにかたい本も。

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『なぜ元公務員はおにぎり35個を万引きしたのか』北尾トロ

裁判の傍聴記を数多く書いている著者。 今回は、社会人男性に絞った内容を集めたものです。 社会と接している人たちなので、法廷での様子で、会社や仕事の仕方を想像してしまいます。 この人たちは、色々な物を失うんだろうなぁ、と暗澹とした気持ちになりま…

無一物

お題「#新生活が捗る逸品」 朝目覚めたら、一杯の水を飲む。 空腹時に効くという抗ヒスタミン薬を飲み下すのだ。 花粉症が酷いので、この時期は必須アイテムである。 アブトロニクスをお腹にセットして腹筋を鍛えつつ、プレシェーブローションを頰から顎にか…

『ゆずのどうぶつカルテ』伊藤みんご

小学生の娘が読んでいたマンガを、借りて読みました。 動物病院を営む、叔父の家で暮らすことになった、ゆず。 主人公は小学生の女の子です。 そして叔父さんといっても、まだ二十代。 長髪のイケメン風です。 獣医といえば髭面でぶっきらぼうキャラのイメー…

『グイグイ力』井上三太

『TOKYO TRIBE』や『隣人13号』などの著者である、井上三太氏の著書です。 漫画家なのでイラストも載っていますが、本書はほとんどが文章だけで、成り立っています。 もともとは、あまりないようなジャンルのマンガだったので、編集や出版の会社は迷ったかも…

『手塚治虫が描いた戦後NIPPON』

数十年前です、日本が戦争をしていたのは。 今よりも人の死はありふれていて、お金のために人を殺すということも、簡単に行われていました。 ブラックジャックも二篇収録されています。 大事なものは何か? 生と死とは? などなど、様々哲学的な疑問を作品に…

『わたしを支えるもの』益田ミリ

ひとりで色々と気持ちが揺れながらも、強く生きている、すーちゃん。 シリーズものですが、この一冊だけでもわかるようなストーリーになっています。 40歳になったすーちゃんは、カフェの店長から子どもたちの給食を作る仕事に、転職しています。 また、一時…

『現代人のための瞑想法』A・スマナサーラ

慈悲の瞑想:サマタ瞑想、安らぎを得て幸福になるための瞑想法 観察瞑想:ヴィパッサナー瞑想、自分とは?人とは?それらを知り尽くす 悩みのほとんどは人間関係。人が自分の思い通りに動いてくれない →自分のために世界が動いているわけではない ヴィパッサナ…

『まんがでわかる戦争論』

歴史の中に争いのない時代があったか? 絶対的戦争:攻撃重視、敵を殲滅 現実的戦争:政治や経済の影響を受ける 追撃を完遂する事で、相手を屈服させられる 戦争が続くと国力がさがる 目的があり、目標が設定され、軍事行動に移る ただ戦争を忌避するだけはな…

『実践アンガーマネジメント』安藤俊介

現代において、怒りという感情は、はなはだ邪魔です。 何をするにしても、良いことにはなりません。 そこでアンガーマネジメントというものが出来ました。 怒りの感情と上手く付き合う心理トレーニング 怒りを抑えるだけでは本当の解決ではない イライラする…

『集中講義 旧約聖書』加藤隆

聖書は前13世紀から後1世紀という、千年以上の期間に作成された様々な文章集。 編纂から完結までも500年かかっている。 古代のユダヤ民族のために成立したもの 日本人:神は恐れ多い存在。選ぶ事はせずそれぞれの神を認める 一神教:自分たちは神を選べない そ…

『教科書名短篇 人間の情景』

小学校だったか中学校だったか高校だったかで、何となく読んだような記憶がある、短編集です。 しかし、読みようによってはとても難解です。本当に全ての人に理解出来るのかなあ? そんな心配が浮かびました。 おそらく当時の自分は、違う読み方をしていたの…

『寂聴あおぞら説法』瀬戸内寂聴

作家であり僧侶でもある、瀬戸内寂聴氏の著書です。 自らのお寺で行っている、説法のイベントを文字に起こしたものです。 その日集まった人たちの中から1人が悩みを相談して、氏がそれに答える形の説法をする、という方法です。 自身が不倫や夫と子どもを捨…

『年収300万 父さんは、なぜリッチなのか』

いや、リッチでは無いだろう! そう言いたくなるのですけど、読んでみました。 申請するともらえる補助金や、副業などの様々な方法が紹介されています。 年収が高くなくても、テクニックを駆使すれば、豊かな暮らしができる! かも知れません。

『サッカー小僧テクニカルドリブル編』

各種のドリブルを紹介しています。 有名プレーヤーが、どのようにしているかの解説や、練習方法など盛りだくさんの内容です。 ゆっくりのドリブルは目からウロコでした。

『宇宙には、だれかいますか?』

宇宙飛人はいるのか? それを、様々な宇宙に関わる仕事をしている人たちに、たくさん聞いてみた本です。 それにしても、実に多種多様な職業があることに、まず驚かされます。 そういえば町の工場でも、そこで無ければ作れない宇宙船の部品に携わっていたりす…

『ザ・煩悩』笑い飯哲夫

お笑いコンビである笑い飯の哲夫氏による、人生相談です。 正確には煩悩を募集してそれに応募したものへの回答なので、煩悩相談、というべきでしょうか。 さて、ただの相談と回答ではありません。 その特色は、めちゃくちゃ笑える、ではなくて、仏教で答える…

『数の悪魔』

数、算数や数学に関する悪魔が、ある日少年の夢の中に現れます。 元々は、算数の授業を楽しく感じられない少年ですが。 最初は数を簡単にするところから始まります。 全ての数は1で表せる、というのです。 1=1 2=1+1 3=1+1+1 という具合です…

『結婚しなくていいですか。』益田ミリ

アラフォーのすーちゃん。 カフェの店長をしています。 普通に静かに毎日が過ぎていき、老後のことを考えたりします。 老人ホームに入るお金を貯められるか? その答えは、ムリ。 何とも不安になるお話ですが、そこに悲壮感は無く。 淡々とした穏やかな雰囲…

『SNOOPYのもっと気楽に』

SNOOPYはビーグル犬です。 喋れないけど、タイプライターで小説を書くことは出来ます。 ハックルベリーの物語も知っています。 でも、飼い主であるチャーリー・ブラウンの名前は知りません。 日本語と英語が併記されているので、英語の勉強に良いかと思って…

『タメダンナ図鑑』井上ミノル

奥さま方からすると、ダンナさんにたいして、(ダメだなぁ)と思うことは、きっとあるはずです。 それぞれを、シーン別、パターン別、さらには具体例をひいて、次々と紹介しています。 いやぁ、ダメなダンナがたくさんあるもんだなぁ、なんて思っていたら。 『…

『宇宙兄弟』

2030年 にも、まだなっていない近未来。 それがこのマンガの舞台です。 主人公は、小さい頃から宇宙に憧れを持っていた兄弟です。 弟は月に行ってヒーローに。 兄は普通のサラリーマン、でしたが上司に頭突きをして退職します。 それから就職活動をしている…

『刑務所わず』堀江貴文

元ライブドア社長の堀江貴文氏による、獄中記シリーズの一冊です。 マンガ部分があり、エッセイ部分があり、日記部分があり、対談部分があり、と様々な角度から書かれていて、こちらを飽きさせません。 衛生係という老人介護のような仕事をしたり、手書きの…

『死ぬまでに行きたい!世界の絶景 日本編』詩歩

あちこちを旅して、素晴らしい絶景を写真で紹介している、著者。 前作では世界各地の絶景で、今回は日本各地の絶景です。 春夏秋冬、北海道から沖縄、山川海と様々なシチュエーションの、思わず息を呑むような写真が盛りだくさんです。 しばらくは旅行に行か…

今年学びたいこと

世間では、ムダなものは排除しよう、というのが最近の風潮ですよね。 不必要なものは持たない。 時間の短縮や節約。 など、それぞれ確かに理にかなっています。 しかし、全ての経験に無駄なものは無い。 という考え方もあります。 一見無駄でしかない知識も…

『昭和遺産 巡礼1703景へ、』平山雄

昭和の雰囲気がすきで、各地のレトロなスポットを周っている著者。 それらスポットの写真と解説、さらにはそこの喫茶店の店主とのお話などを、これでもかと紹介しています。 人によっては、ただ古くさいと感じてしまうかも知れない、建物や看板や文字たち。 …

『アル中ワンダーランド』まんしゅうきつこ

主人公である著者が、飛行機の声を聞くところから、物語は始まります。 もとい、飛行機に模した宇宙船による、宇宙人の声を聞くところから、物語は始まります。 アル中の話です。 笑えるし、笑えないエピソードのオンパレードです。 そのように、帯にも書い…

『パーマネント野ばら』西原理恵子

ある田舎の漁師町にある、パーマ屋さん。 そこで働く娘さんが主人公のマンガです。 物語は、主人公とそれを取り巻く女性たちによって、進行していきます。 ほとんど刑事事件のような出来事や、下品とも感じられるほどあけすけな会話があったりと、かなりどぎ…

『中高年自殺』高橋祥友

中高年の自殺が、日本では社会問題になっています。 日本では、年間三万人の人たちが、自ら命を絶っているそうです。 世界で見ると、とりわけ多いわけでは無いのでですが、それでも何とかしてあげたいことには変わりないですよね。 著者は精神科のドクターで…

『イワンのばか』トルストイ民話集

ロシアの民話を9編集めたものです。 トルストイやドストエフスキーなど、ロシアには多くの文豪や名作があります。 表題作の『イワンのばか』は、アンナ・カレーニナを思い出させました。 軍人よりも、商人よりも、農作業で食べる物を作ることが素晴らしい。 …

『東京六花街 和のこころ』

東京で芸者遊びが出来る場所を紹介してくれています。 場所だけでなく、どんな遊びをするか? いくら掛かるのか? そのシステムは? などなど微に入り細に入り解説されています。 それぞれ有名な花街を紹介しているのですが、八王子にも居るというのは初めて…