雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『日本人ですがただいま日本語見習い中です!』ふじいまさこ

f:id:kazuyoshisan:20190203200551j:image

辞典編集部でアルバイトをすることになった、花川ミホ21歳大学四年生。

国語編集、英語編集、新米、部長などの個性的なメンバーと仕事をする漫画です。

 

辞書は常に作り変えられていきます。

言葉は時代とともに移り変わっていきます。

それに対応するためです。

古文と現代文を比べるとわかりやすいかもしれません。

辞典と言っても、実はそれぞれでかなりの個性があります。

(恋外)を聞いてみると、岩波国語辞典では、男女間の恋い慕う愛情、と書かれています。

一方新明解国語辞典では、特定の異性に対して他の全てを犠牲にしても悔いないと思い込むような印象を抱き、常に相手のことを思っては、2人だけでいたい、2人だけの世界を分かち合いたいと願い、それが叶えられたと言ったら喜び、ちょっとでも疑念が生じれば不安になるといった状態に身をおくこと、と書かれています。

 

日本語と言えば、やはり敬語です。

尊敬語、丁寧語、謙譲語がわかりやすく解説されています。

 

次は漢字です。

バター、チーズ、ソーダ、カステラ。

それらを漢字で書くとどうなるでしょうか。

 

使いこなせると良い日本語もあります。

辛党は、本来酒好きの人のことを指す言葉でした。

冷笑と失笑の違いはわかりますか?

コミュニケーション、シミュレーション、ナルシシストアタッシェケースなどは、正しく表記されない事がかなり多いかもしれません。

 

他にもめじろ押し、引っ張りだこ、おなら、ドロン、銀ブラネコババな他にもめじろ押し、引っ張りだこ、おなら、ドロン、銀ブラネコババなどの語源が紹介されていて、大変興味深いです。

 

日本語は漢字とひらがなとカタカナがあったり、敬語があったりして、とても難解な言語だと言われています。

その日本語を私たち日本人が本当にうまく使えているか?考え直す良い機会になるかもしれません。

 

 

 

 

日本人ですが、ただいま日本語見習い中です! (楽しく学べる学研コミックエッセイ)

日本人ですが、ただいま日本語見習い中です! (楽しく学べる学研コミックエッセイ)