雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『武士語でござる』八幡和郎

f:id:kazuyoshisan:20190212135027j:image

現代の日本語と昔の日本語は、違います。

また、身分の違いによっても言葉はちがいます。

本書は武士の話していた言葉、武士語を解説しています。

 

まずは入門編です。

自分を話す言葉から、余、身共、拙者。

次は相手を表す言葉、そち、その方、そなた、貴殿、そこもと、お主、うぬ、下郎。

 

シチュエーションによっても様々な節後があります。

拙者〇〇の忘れ形見

よもやお忘れあるまい

笑止千万

助太刀いたす

これらの言葉が飛び交う状況が目に浮かびます。

愛いやつじゃ

近うよれ

ご無体な

これらは悪代官の使う言葉ですね。

 

浪人も武士語を使います。

武士は食わねど高楊枝

尾羽打ち枯らす

世が世であれば

用心棒

赤貧

これは少しせつないですね。

 

現在でも一般に使われている言葉もあります。

飛んで火に入る夏の虫

お見事

気合

切羽詰まる

痛手

 

時代劇が好きな人にはたまらない1冊です。

新しい言語学には抵抗がある人にとっては、とっつきやすい語学学習になるかもしれません。

単純に楽しむためにも良い本でお勧めです。

 

武士語でござる

武士語でござる