雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『尻啖え孫市』司馬遼太郎

f:id:kazuyoshisan:20190305210253j:imagef:id:kazuyoshisan:20190305210403j:image

紀州雑賀党の長である、雑賀孫市が主人公のお話です。

戦国時代に、鉄砲を武器として様々な大名に傭兵として加担する、自由な集団の頭目です。

 

物語は、孫市が信長の治める町に現れるところから始まります。

共のものに、日本一雑賀孫市と書いたノボリを持たせています。が、旗が汚れているためか、日本一は読めるけど肝心の雑賀孫市が読めません。

今後も色々ありますが、大体孫市はこんな具合です。

しかし、鉄砲と戦の事になると、豹変します。

鮮やかな采配で、味方を勝ち戦に導きます。

また、西部劇さながらの一騎打ちにも、神業で勝利します。

 

織田信長本願寺一向宗、雑賀集。

当時の様子が生き生きと描かれていて、ワクワクしてしまいます。