雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『伊能忠敬 生涯青春の生き方哲学』童門冬二 三笠書房

f:id:kazuyoshisan:20190129120553j:image

日本地図を最初に作成した人物です。

実は伊能忠敬が地図作成のために測量を始めたのは、引退してからなので、当時ではかなり高齢になっていました。

 

千葉県佐原市に、私の祖父の家がありました。

近所に子どもたちが遊ぶような公園があり、そこに大きな銅像が建っていました。

それが伊能忠敬像です。

祖父に記念館に連れて行ってもらったりもしました。

 

伊能忠敬は、跡取りではなく生まれます。

幼い頃は親戚の家を転々とするなど、苦労しながら成長します。

星を見るのが好きで、北極星の観察などで、鋭い視点を見せます。

やがて、佐原市の名家である伊能家に婿養子として入ります。

当時の伊能家はあまり家運が傾いていて、それを立て直すという、簡単ではない使命を追います。

ここで伊能忠敬は、商売の才能、村人を取りまとめる才能、上と交渉する才能など、様々な才能を発揮します。

そして、多くの努力により、見事伊能家を再興させることに成功します。

 

隠居してから、有名な日本の測量および地図作成をします。

時間もお金もかかるのですが、伊能家から文句は出ません。

そこまでに伊能忠敬が、家人のためによく働き、感謝されたいたからだと言えます。

 

何事かを成し遂げるために、前半生で伊能家や佐原のために、大きな仕事をやり切ったように見えます。

そこからすでに、大人物だったと言えるのではないでしょうか。

ビジネス書としても読むことができる本で、多くの人におすすめします。

 

 

伊能忠敬―「生涯青春」の生き方哲学

伊能忠敬―「生涯青春」の生き方哲学

 

 

 

伊能忠敬―生涯青春 (人物文庫)

伊能忠敬―生涯青春 (人物文庫)

 

 

 

生涯青春―伊能忠敬の「生き方哲学」に学ぶ