雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『寂聴あおぞら説法 日にち薬』瀬戸内寂聴

f:id:kazuyoshisan:20190501202737j:image

瀬戸内寂聴さん。

瀬戸内晴美という優れた作家さんであり、旦那さんとお子さんを残して家を飛び出す情熱家であり、そして現在は出家して住職として説法などをしています。

本書は、その説法を文字に起こしてまとめたものです。

 

お寺は地方にあるのですが、全国から寂聴さんの説法を聞きに多くの人がやって来ます。

寂聴さんは、その方たちを労ったりしつつ、説法を始めて行きます。

お坊さんなので仏教がベースになってはいますが、解釈の仕方が独特だったりします。

説法だけど、笑うところがたくさんあります。

途中で遠藤周作さんも出てきます。

キリスト教徒です。

それでも良いんです。

読むだけでも、元気になれます。

遠くから説法を聞きに行く人の気持ちが分かる気がします。