雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『野蛮人の図書室』佐藤優

f:id:kazuyoshisan:20190609160948j:image

本書のタイトルにもある野蛮人とは、我々すべての人のことです。

現代社会は複雑で様々な知識が必要です。

しかし、順応の気構え、と言うものにより現代人は考えることをやめてしまっている傾向にあります。

そこで、読書によって他人の知識や経験を学び、野蛮人を出して教養人になりましょう、と言うのが本書の趣旨です。

 

本書は元外務事務官他人の知識や経験を学び、野蛮人を出して教養人になりましょう、というのが本書の趣旨です。

 

本書は元外務事務官で、現在作家をしている佐藤優が作者です。

人生を豊かにする書棚、日本と言う国が分かる書棚、世界情勢がわかる書棚、頭脳を鍛える談話室、と言う四章構成です。

本のタイトルとその中の1部を書き出して、そして作者が書評を書いています。

 

僕らの頭脳の鍛え方

吾輩は猫である

学歴ロンダリング

就活の法則

詐欺の心理学

婚活時代

無印不倫物語

フーゾク進化論

僕の漫画人生

利休にたずねよ

坂の上の雲

小泉八雲

雨月物語

カクテル・パーティー

日本の戦争

アメリカのデモクラシー

テポドンを抱いた金正日

 

有名な著作も初めて聞く著作も様々にあり、決して自分では出会わなかったであろう著作が満載です。

読む本に迷ったら、本書をひもといてみると良いかもしれません。