雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『歌舞伎の名作名啖呵』いまいかおる

 

 

歌舞伎。

知ってはいても、見たことがないという人は多いのではないでしょうか。

本書は名作と言われる歌舞伎を、漫画形式で紹介してくれています。

文字が多くて解説がしっかりしているのと、絵が可愛いらしいのが特徴です。

 

源義経や弁天小僧などの、有名な人物がたくさん出て来ます。

演目により、立ち回りが見どころであったり、啖呵をきるのが見どころであったりと、様々な楽しみ方があります。

 

舞台装置も様々で、かなり大掛かりな物もあります。どんでん返しで人が消えたり現れたり。

花道に小舟を浮かべることまであります。

 

娯楽としての演目では、全く時代の違うヒーローが出てきたりと、やりたい放題だったりして、荒木又右衛門などは人気のようです。

そのため、スーパー歌舞伎やワンピースの歌舞伎は今までの歌舞伎からしても、そこまで異色過ぎてはいないようです。

 

あまり歌舞伎に興味がない人でも、物語として楽しめる内容です。

例えば奥さんが歌舞伎に行くけどその良さがわからない、という旦那さんなどにおすすめの一冊です。