雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『子どもにホームレスをどう伝えるか』生田武志 北村年子

 

子どもに「ホームレス」をどう伝えるか

子どもに「ホームレス」をどう伝えるか

  • 作者: 生田武志,北村年子,一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット
  • 出版社/メーカー: 太郎次郎社エディタス
  • 発売日: 2013/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

ホームレスとはどういう存在でしょうか?

実は、しっかりと理解していない人が多いようです。

本書は、ホームレスの人たちに対する偏見を解き、しっかりと考えるようにすすめています。

 

若者による、ホームレス襲撃事件があります。

数名のグループで犯行に及ぶ場合が多く、本人たちは、悪いことをしているという意識がほとんどありません。

寝ているホームレスに火をつけたり、殴る蹴るなどの暴行を加えたりして、酷いと命を奪うというケースまであります。

なぜ、そんなことが起きてしまうのか。

それは、ホームレスの人たちに対する、無知からです。

若者たちは、親からホームレスを良くない存在だと教えられることが多いです。

そして、汚いとか、働かない怠け者だとか、得体が知れないだとか、そんな風に考えてしまいます。

しかし、実はそんなことはありません。

ホームレスとは、そもそも家がない状態を指す言葉です。

人を指す言葉ではありません。

なりたくてホームレスの状態になっているわけでは、必ずしも無いのです。

なぜ公共の場所で寝たりしているかというと、個人の場所では通報されてしまうからです。

そのため、あの人たちに公園や駅から出て行け、と言うことは、存在するな、と言うのと近いのです。

 

社会的弱者に目を向けるということは、世の中全体を知ることに繋がります。

そして、そこに思いを巡らせられる、ということは、大きな優しさを身につけることに通じます。

確かに子どものうちに、知っておいてもらいたいことが書いてあります。

きっと得ることはあるはずで、みんなが優しくなれば、より良い世の中になるはずです。

 

 

「ホームレス」襲撃事件と子どもたち

「ホームレス」襲撃事件と子どもたち