雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『アンネ・フランク』

f:id:kazuyoshisan:20190524214709j:image

アンネの日記を書いた、アンネ・フランクの伝記です。

第二次世界対戦がまさに行われている、その時代です。

ヒトラーが党首であるナチスにより、ユダヤ人が酷い迫害を受けていきます。

居住から買うものから仕事まで、様々なことを抑制されます。

そして、ホロコーストと言うユダヤ人の大量虐殺が始まります。

アンネの一家は、姉にナチスからの召集が来たのをきっかけに、隠し部屋のある家に移り住みます。

ここで2家族のユダヤ人、途中からさらにもう1人加わります、が隠遁生活を始めます。

見つかったら強制収容所に送られ、おそらく殺されてしまう。そのため、物音一切立てないようにしたい、食べるものもなくそこ見つかったら強制収容所に送られ、おそらく殺されてしまう。そのため、物音を一切立てないようにしたり、食べるものも満足に手に入れることができなかったり、数々の不便な事を受け入れなければいけない、厳しい生活を強いられます。

 

最終的にはナチスに捕まってしまい、ほとんどの家族が殺されたり、亡くなったりしてしまいます。

生き残った父親がアンネの書いた日記を出版します。

文学的にも優れていて、当時のユダヤ人の生活を知る文献でもあり、明るくて前向きな少女から生き方を学ぶことが出来る、そんな日記です。

そして、それを書いた少女の生命が、唐突に終わってしまう戦争は本当に良くないのだ、と考えさせられる作品です。