雑読書、フットサル、人生相談を趣味に持つ、獣医で小企業の社長のブログ

様々な書評です。参考にして頂けると幸いです。

『采配』落合博満

f:id:kazuyoshisan:20190618171335j:image

著者は落合博満

プロ野球チームのロッテオリオンズで三度の三冠王に輝き、20年近く現役を続けた。

その後野球解説者や指導者として活動し、中日ドラゴンズの監督に就任。

リーグ優勝や日本一を勝ち取る。

そんな著者が、監督としての采配について語っているのが本書です。

 

自分で育つ人になる。

 

孤独に勝つことで勝負に勝てるようになる。

 

嫌われている、相性が合わない、は逃げ道である。

 

ビジネスマンも野球選手も、3つの敵と戦っている。それは自分、相手、数字である。

 

一流には自力でなれるが、超一流には協力者が必要。

 

負けない努力が価値につながる。勝てないときは負けない努力をする。

 

勝負に絶対は無い。しかし、最善の策を講じていけば、仮に負けても次に勝つ道筋が見える。

 

重要なのは、自信をつけさせ、それを確信に帰ってやることである。

 

好きにやることには責任が伴う。好き勝手とは違うのだ。

 

任せるところは、1ミリも残らず任せきる。

高知にすべてを任せきる。しかし、すべての責任をのは、監督である。それが私の仕事だ。

 

データに使われるな。データを使え。

 

情報管理こそ監督の仕事。

 

リーダーは部下に腹の中を読まれるな。

自分の腹の中を読まれてはいけない。それがプロフェッショナルの仕事なのである。

 

常に全力を尽くす事は、明日に希望を見いだすことでもあるのだ。

 

常に考えておくべきなのは、負けるにしても、どこにチャンスを残して負けるかと言うことなのだ。

 

勝負の世界においては、1番と2番には、天国と地獄に例えられるほどの差がある。

 

著者はプロ野球と言う過酷な環境で、かなりの期間にわたって戦ってきた。

選手として、解説者として、監督として様々な立場でその世界を見てきた。

その経験から出てくる言葉には、やはり相当な力がある。

変わった人のようにメディアで取り上げられる事もあるが、本書で出てくる内容は至極真っ当なものばかりです。

しかし、それをストイックに継続出来るところが、常人と違うのかも知れません。